ハナノヒトの自己紹介

はじめまして。

ハナノヒト、はじめました。

四半世紀、花屋で働いてきました。

たくさんのギフトの花、たくさんの結婚式の仕事、たくさんのイベントの花、たくさんの定期装花・・・

いっぱいいっぱいいろんな花の仕事をして、花仕事はみんなを幸せにする仕事と思っていました。

最後に任されていた花屋を閉めたとき思ったんです。本当は私が幸せを花からもらっていたんじゃないかって。

なんてありがたいことだろう。私は花が大好きだと思いました。


ハナノヒト
ある撮影の時、現場にいたスタッフの方が私をこう呼びました。笑ってしまいました。
「花屋さん」でもなく「私の名前」でもなく「ハナノヒト」。あら、ちょっといいじゃない!ハナノヒト。

すこやかに、はれやかに、ほがらかに。

花は畑からやってきます。

その畑に伺ったとき、なんて気持ちがいいんだろうと思いました。ふりそそぐ太陽、さわやかな風、清らかな水。

気持ちのいい畑からやってくる花は、とても美しい。


すこやかに、はれやかに、ほがらかに。

花を飾るときにそんな気持ちで飾りたいなあ~と。花を束ねるときそんな気持ちで束ねたいな~と。
花を売るときそんな気持ちで売りたいな~と。だから、すこやかに、はれやかに、ほがらかに。
よく晴れた日の青空みたいに気持ちよく。


プロフィール

おおたみずほ

 短期大学にて、服飾美学・生活美学を学ぶ。

1990~1999 (有)やよい園芸

1999~2003 ホテル花屋勤務経てフリーランス

2003~2005 世田谷Blenda

2006~2015 juno fleurs 店長

2016~ ハナノヒトとしてフリーランスで活動

パリの装飾・生活美学に影響を受け1992~2014の間、年1回渡仏。


ハナノヒト

アトリエ 東京都世田谷区

太田 瑞穂